リザードマンの絶望 「オーバーロード4 蜥蜴人の勇者たち」の感想

こんにちは。

 

今回はオーバーロード4 蜥蜴人の勇者たちについてご紹介します!

1巻から紹介しているので、まだの方はこちらもご覧ください

 

ファンタジーの魔王サイドが好きな方なら楽しめる作品だと思うので、

まだ読んでいない方はこの記事を読んで検討してみてください。

概要

著者   丸山 くがね

イラスト so-bin

出版社  KADOKAWA

ジャンル ライトノベル

購入時の価格 1,080円

       購入時の価格は2018年8月9日時点のものです。

 

原作はアニメ化もコミカライズ化もされていて幅広く展開

評価と感想

★★★★★
★★★★★
 星5つ中の4.1

ナザリックは戦争を仕掛けたり、見せしめで殺したりと完全な悪

 

立ち位置的にリザードマン側が正義の味方

 

ただし、主観によっては、悪の方が無理をしない生き方なんじゃないかと思えてくる。

 

下は正義の味方と悪の組織の特徴を比べたもの

正義
自分自身の具体的目標が無い大きな夢野望を抱いている
相手の夢を阻止するのが生きがい目標達成の為に研究、開発を怠らない
常に何かが起こってから行動に移す率先して行動を起こす
受け身の姿勢失敗してもへこたれない
単独、または少人数行動組織で行動大人数をまとめ上げている
いつも怒っている良く笑う

今になって思うと悪の組織のめげないメンタルやしぶとさはすごい

 

今回の話はリザードマン視点が多く、ナザリックが好きな私としては3巻までと比べて評価は落ちました。

つまらないわけではないです。どちらかといえばとても面白い。

 

見どころとして、死の軍勢とシャルティアが椅子になる場面。

 



リザードマンには感情移入しにくい部分もあるので、

もっとナザリックについて読みたかったというのが本音ですね。

 

爬虫類が好きな方は違うんでしょうか・・・

=3

 

視点を変わることでナザリックの強さを表現したり、

リザードマン側の絶望感を伝えるといった手法なのかもしれません

 

そういえば、イグヴァの時に活躍したロロロをコキュートスとの戦いに参加させなかったのはどうしてだったんだろう

力を見せつけるための生贄の儀式だと理解していたから、あえて犠牲にしないでおいたのかな

 

アニメでも小説でもそういったくだりはなかったけど。


カルネ村に続いての統治。

 

勢力を次々と広げていっているので今後の展開としては、

やっぱりナザリックは人間側と戦ってほしい。

登場人物

ザリュース・シャシャ

亜人種
役職旅人
属性善〜中立
カルマ値100

蜥蜴人最強の戦士 CV:東地宏樹

《緑爪(グリーン・クロー)》族のリザードマンで、マジックアイテム《凍牙の苦痛(フロスト・ペイン)》を有する高名な剣士。胸の焼き印は、部族を離れて世界に旅立った《旅人》であることを示すものである。現在は故郷に戻って魚の養殖に挑んでいる。

TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイト

ロロロというヒュドラのペットと族長である兄を持つ。族長には部族で最も強いものが選ばれるが、兄からはおまえが村を背負ってたつべきだったと思われている。 

クルシュ・ルールー

亜人種
役職“朱の瞳”族長代理
属性中立
カルマ値50

白鱗の美女 CV:雨宮天

《朱の瞳(レッド・アイ)》族のリザードマン。明晰な頭脳と森祭司(ドルイド)としての優れた能力を有し、族長代理として部族をまとめている。一方で、己の白い体が忌み嫌われていると考えていたが……。

TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイト

雪のような鱗はくすみもなにもない無垢なもの。全身に赤と黒で紋様が描かれている 。その意味するところは成人、多種の魔法の習熟、そして未婚

ゼンベル・ググー

亜人種
役職“竜牙”族族長兼旅人
属性中立
カルマ値50

巨腕の暴れん坊 CV:石井康嗣

右腕が筋肉で異常に太く大きい。胸の焼き印はザリュースと同じく旅人を意味する

イグヴァ=41

異形種
役職モルモット
属性極悪
カルマ値-500

被験体=41番 CV:浜添伸也

豪華な、しかしながら古びたローブで体からは負のエネルギーがたちのぼり靄のように全身を包んでいる

魔法詠唱者。死者の大魔法使い

オーバーロードを無料で読む方法 お得に読む方法

こちらの記事に載せています。よければご覧ください

作者雑感

作者が「小説家になろう」で雑感を載せています

オーバーロード4巻に関する作者雑感

webのアインズは外見的にはイグヴァみたいな感じだった

書籍の方は完全な骨

返信する