セバスは創造主の意思とナザリックどちらを選ぶのか 「オーバーロード5 王国の漢たち [上]」の感想

こんにちは。

 

今回はオーバーロード5 王国の漢たち [上]についてご紹介します!

1巻から紹介しているので、まだの方はこちらもご覧ください

 

ファンタジーの魔王サイドが好きな方なら楽しめる作品だと思うので、

まだ読んでいない方はこの記事を読んで検討してみてください。

概要

著者   丸山 くがね

イラスト so-bin

出版社  KADOKAWA

ジャンル ライトノベル

購入時の価格 1,080円

       購入時の価格は2018年8月9日時点のものです。

 

原作はアニメ化もコミカライズ化もされていて幅広く展開

評価と感想

★★★★★
★★★★★
 星5つ中の4.4

セバスとクライム視点が多い巻

 

 

不幸な境遇にあってきたツアレが救い出されたことはよかった。

王国にいた頃よりはマシな生活になるだろうけど

今後、人間を嫌っているナザリックでセバスやツアレの肩身が狭くなることはないのだろうか・・・

 



ナザリックの共通認識

「ナザリックに属さぬ者は、全て劣った生き物」

「ごく一部の例外を除き、人間種や亜人種は踏み潰すべき弱者」


というのがあり

 

セバスの性格的には、今後も創造主の意思との間で揺れることになりそう。

 



セバスは、創造主の意思とナザリックのどちらを優先させていくのかも気になるところ

 

クライムは不幸な生い立ちと、ラナーとの出会いも描写されている。


セバスの修行を受けて、クライムの才能が限界突破か!?

 

王道の展開なら、話が進むに連れてメキメキ強くなっていくと思いましたがそんなおいしい話はありません

 



ただ、セバスの殺気に耐えているクライムを見ているブレインに自分よりも強いと認めてさせていました。

精神的というか心の面で

 

化け物相手じゃなければ、圧倒的に才能や経験もあるブレインが優秀ですが、

本当の化け物を前にした場合、強さはたいした意味を持たないので、

恐怖に飲まれない精神力の方が、強いということでしょうね。

 

練習でいい記録を出すけど、本番の緊張に耐えられず失格や棄権する選手より、

本番で最後までやり抜く方がいいと解釈しました。

 

オーバーロードだと追い込まれて未知の力が覚醒!ってご都合展開は考えられないのでメンタルが強くても高レベル相手に単独で戦えたりはしないでしょう。

 

土壇場で行動できることで、時間稼ぎや予定を狂わせて、戦局を変えるきっかけになる可能性はあり

 



クライムは今後、

キーパーソンとして登場し続けそうだけど、唐突な退場もありえるのか・・

先が読めません

 

読んでて感じたのが、クライムはラノベの主人公ばりに好かれています


ラナーはともかく、ガガーランやコッコドールにも気に入られるのはフェロモンでも出てるんですかね。



禁欲することでテストステロンが増加して男性ホルモンで女性を惹きつける

って噂もあるので、クライムならそれに当て嵌まりそう

 

ラナーについて

 

意味ありげな記述もありましたが、まだ際立って異常とも思えなかったです。



人知を超えた部分やクライムへの執着がこれから見えてくるのでしょうか

 



ブレインも完全に主人公主人公しています。

WEB版のブレインの扱いはひどいので

気になる方はそちらも読んでみてください

登場人物

セバス・チャン

異形種
役職ナザリック地下大墳墓執事
属性極善
カルマ値300

鋼の執事 CV:千葉繁

至高の41人に仕えていたNPCの一人で、ナザリック地下大墳墓の執事。戦闘メイド隊《プレアデス》を指揮下に持つ。役職の上では階層守護者と同格であり、戦闘面でも引けを取らない。また人格者であり、弱者救済を是としている。

TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイト

颯爽と歩けば、ナイスミドルな顔立ちと醸し出される気品に魅了され、通り過ぎる女性たちの大半が振り返る。誰かを助けるのは正しい行いだと確信している

ソリュシャン・イプシロン

異形種
役職ナザリック地下大墳墓 戦闘メイド
属性邪悪
カルマ値-400

溶解の檻 CV:佐倉綾音

《プレアデス》の一人。己の感情を隠して演技ができることから、令嬢役としてセバスとともに人間の町で暮らし、情報収集に務めている。一方で人間は下等生物であると蔑視ししていて、彼らをいたぶり殺すことを楽しむ一面も。

TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイト

長い縦ロールの髪。元々不定形のスライムであり、外見はかなり変えることができる。

クライム

人間種
役職王国兵士

忠犬 CV:逢坂良太

ラナー付きの兵士。平民、しかも孤児であったが、ラナーに救われて護衛として取り立てられる。主に絶対の忠誠を誓い、彼女を守るべく独学で訓練を積み重ねているが剣の才能はない。白色の全身鎧はラナーから与えられたもの。

TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイト

“黄金”王女のラナーに拾われた少年。努力家で熱血漢の少年で、ラナーに絶対の忠誠を誓っている。そのため、ラナーの役に立つべく日々、剣の鍛錬を絶やすことがない。しかし、努力を続けているものの、そもそもの剣の才能のなさに歯がゆい思いをしている。

ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフ

人間種
役職王女

黄金の姫 CV:安野希世乃

リ・エスティーゼ王国第三王女。美しい金の髪と美貌から、「黄金」の二つ名で広く知られている。強い後ろ盾を持たないため、なかなか実現には至らないものの、弱い立場の者を救うための献策が多く、国民からは慈悲深き王女として信頼されている。

TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイト

吟遊詩人たちがこぞって歌を送ってくるなど、その美貌にまつわる逸話は事欠かない。また美しさだけでなく、国と民を思い、奴隷売買の撤廃など政治にも手腕を発揮しようとする。慈悲深く、温厚で、まさに輝かしい王女である。ただし――

ガゼフ・ストロノーフ

人間種
役職王国戦士長

王国最強の戦士 CV:白熊寛嗣

リ・エスティーゼ王国の戦士長。王からの信頼は厚く、国に伝わる五宝物のうち4つを装備することが許されている。《剃刀の刃(レイザーエッジ)》から繰り出される武技はまさに王国最強の名にふさわしい威力だ。

TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイト

王国だけでなく周辺国家でも、最強の戦士としてその名が知れ渡っており、貴族以外からの評価は国の内外問わず非常に高い。もともとは平民で、闘技大会の決勝戦でブレインに勝ち、王の臣下となる。

ブレイン・アングラウス

人間種
役職なし

武の求道者 CV:遊佐浩二

天性の才能を持つ王国でも有数の剣士。王国では珍しい刀の使い手である。剣の腕を上げることだけを追求し、野党まがいの傭兵団にいたが、そこでシャルティアと遭遇。圧倒的な力を前に命からがら逃げだし、剣士としての矜持を失ってしまうが……。

TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイト

剣の天才。王国最強のガゼフと互角の力を持ち、彼をライバルとして武者修行に励んでいた。

オーバーロードを無料で読む方法 お得に読む方法

こちらの記事に載せています。よければご覧ください

作者雑感

作者が「小説家になろう」で雑感を載せています

オーバーロード5巻に関する作者雑感

返信する