【実話】変わり者のKさんは評価されているのか?

こんにちは。

今日は、会社での処世術という話題で話してみたいと思います。




きっとアナタの職場にも色々な人がいますね。


面白い人

真面目な人

怖い人

自分に甘く他人に厳しい人。





性格の話はいいですが、会社には評価される人、されない人がいると思います。




何故、あの人は評価が高いのか?

何故、あの人は評価が低いのか?



今回は、その辺を考えてみました

【実例】Kさんは評価されているのか?

私の以前、勤めていた会社にKさんという方がいました。


Kさんは健康で知識があります。

弁も立ちます。



そのKさんは、プロジェクト内では、極端に評価されて××
※「評価されている」or「評価されてない」を考えてみてください


何故かというと、Kさんの性格かもしれません。




こんな性格しています。


一緒に見積もりを出す時、


〜〜〜
私:「見積もり、明日一日で工数と人日を試算して、明後日には提出でいいですかね」

K:「いや、それはわかりませんよ」
   だって、やったことない案件だし」

私:「なるほど。
   上長には、前もって見積書の提出を求められるんですが、
   どんなやり方なら、いつ頃まで見積もれるかわかりますか」

K:「進め方だって違うと思うし、
   最初に見積もりなんて出せないんじゃないですかね」


〜〜〜

他の特徴的な性格としては、けっこう短刀直入な表現してますね。

あまり話したことがない人や、管理職や役員に対してもズバズバ言えます。

Kさんのポリシー

Kさんのポリシーとして、

やたら効率的ということを強調しています。



生まれてこの方、選挙にも行ったことが無いそうです。

「選挙行っても、時間の無駄だから」というのがその理由。


話を聞くと、理由があり、感情的になったり気分で行動するといったことはありません。


結婚もしていて、奥さんと共働きだと言っていました。
ランチはお弁当派


以前は、メジャーな会社に勤めていました。



Kさんは、マウスを効率的に動かすツールとか、ブラウザを効率的に使うツールとか、やたら好きです。


エンジニア採用ではありますが、企画や制作も好きで、プレゼンするためにネットサーフィンしていたり、資料を作っている姿もよく見かけます。



また、自分の理想とする仕事の流れを重要視しているらしくて、

「それは私の仕事じゃありません」とか、

「このやり方、絶対間違ってますよ」なんて事で、


いつも周りの人間ともめてます。仕事の進め方、やり方の話で。



こんな感じで正しいことが好きで、効率的が好き。

それがKさんです。

Kさんは実際評価されているのか?

このようなKさんですが、

プロジェクト内では極端に評価されて××。


さて、ここで考えて頂きたいのです。

××は、「いる」or「ない」が入りますが、どっちが入るでしょうか。

気軽に考えて直感でお願いいたします。



では、今日は、このへんで。

次回は、Kさんが実際どうなのか?

ってことと、私の見解などをお伝えしたいと思います。

▼▼ 次回 ▼▼

【実例】変わり者のKさん、実はこうなのです。

返信する