【実話】変わり者のKさん、実はこうなのです。

こんにちは。


では、ズバリ、答えからいきましょう。

「Kさんは評価されているのか?」

Kさんは全く評価されていません。

ナンテコッタ


私が以前、勤めていた会社でKさんは全く評価されていません。

肩書も役職もなく平社員です。




Kさんの年齢だと、管理職とか、何らかの役職がついてくるのですが、

全くの平社員なのです。職種はエンジニア。



Kさんは決して技術力が低いというわけでもないです。


けっこう色々なことを知ってますし、プログラムもバリバリ書けます。



無断欠勤や休みが多いわけでもない。

細かいこと言うなら、体調不良での休みが多少・・・



サーバー上のディレクトリと自分のパソコンを同期させたりといった、快適にするツールについては、とても詳しいです。

そのツールを使って、ディレクターやデザイナーがサーバーにファイルをアップロードする手間を省いたといった実績もあります。

Linux系のサーバー設定もある程度、経験している。




でも、評価されないのは何故か?




やっぱり性格に問題あるのかな。

社内で話すと、「ああ、あの人と仕事一緒にすると大変でしょ・・・同情します」って言われます。




そんなKさんですが、

「私のチームなら、うまくいくのでは」という上層部の決定により、
白羽の矢がたったのです。




Kさんは、私のプロジェクトのメンバーになりました。




私も「うまくやっていこう」と決意しました。


なにせ、運用が始まると、トラブルがあったときに社員が率先して対応することになる。

Kさんは、入社したばっかりの新人や、休日・夜間対応をさせられない契約社員じゃない。


開発フェーズでも、Kさんは技術的には出来るのだから、うまくモチベーションを引き出してやれば、型にはまると考えていました。





でも、1ヵ月後・・・


そんな私の自信を木っ端微塵に打ち砕いてくれました。Kさんツワモノです。


やっぱり、Kさんとは仕事にならないんですよ。ほんとに。



なんというか、融通がきかないんですよね。



例えば、Kさんに設計を頼むと、

「細かい運用方法が決まってないのに、どうやって設計するんですか?」


という質問が来るのです。



手戻りが発生するのを覚悟して、ある程度、決め打ちで進めておくとか

運用方法をこちらから提案して、

それで運用してもらうのはどうですか?と私は説明してみるのです。


でも、この、手戻り覚悟や提案って話が、Kさんには受け入れられない。

「そんな効率の悪いことできませんよ」って言ってくる。



確かにそうですが、相手側からの返事を待っている間は仕事が進まない。


私からしたら、何かやれることがないかといった話をしたいのですが、

Kさんの場合、何が効率的かという議論になってしまう。


言っていることは、正論ですが、仕事は進みません。

私の時間もとられます。

適材適所

で、私も適材適所でなかったのかと思い、


Kさんに設計の仕事をお願いするのやめて、技術調査をお願いしました。



何故なら、Kさんは、技術的にはイケル。


自分で調べるのも好きだろうといった発想です。




で、技術調査任せてみたんです。





しかし、これまた駄目です。

何故駄目かというと、自分が調べたことを他のメンバーにうまく伝えられないのです。


技術調査したなら、それをメンバーで共有したいのですが、


Kさんの技術調査の結果は、簡略過ぎるのです。


Kさんの調査結果を見ると、極端に言うとURLが書いてあるだけなんです。

URL書いてあって、○○をインストールする、
○○の設定を変更して再起動する。としか書いてないのです。



これじゃ、メンバーがすぐに実践できないんですよ。

もう一回調べるはめになってしまう。



自分がわかっているところは、説明しない。

自分が出来さえすれば、他人は関係無い。そんな感じ。



ネットの情報だったら許されます。

誰に頼まれたわけでないし、勝手に利用されているだけだから。

別に文句を言われる筋合いはありません。



でも、Kさんの技術情報は会社の仕事です。給料も貰っているわけです。

自分だけわかる情報でどうするんだ?ってことです。


技術調査したら、痒い所に手が届くように、
メンバーがつまづきそうな要点を書いて説明すべきです。



Kさんにも、そう伝えてみたのですが駄目でした。


Kさんにとっては、バカ丁寧に説明を書くってのは、
効率が悪くて出来ないようなのです。



もう、これは性格なんでしょうね。

結局、Kさんはプロジェクトから外れていきました。

私の経験上、技術情報の資料はいくらわかりやすくてもいい。

マニュアル作成に時間がかかったとしても、その資料を使って、みんなが同じことを調べたり、迷って、同じ失敗をしないことで使った時間をリカバリできる。

いうなれば初期投資です。



最初、がんばって、わかりやすい資料作っておくと、後々、役にたつ。

でも、情報はなまものなので、すべてをマニュアル化していたら、逆に不効率です。

技術ノウハウは、その瞬間だけ丁寧に作ればいいのです。プロジェクトが終わった後も常に更新していく必要はない




でも、そういったことはやりたくない。

Kさんに限った話でもないですが、知識の体系化という作業が苦手なのでしょう。



しかし、そうは言っても、

要件のヒアリングや窓口をするのは上からのお達しでNG。

技術調査にはモチベーションが沸かない。

設計は、議論になって進まない。


ということで、結局、Kさんはプロジェクトから外れていきました。




今日は、このへんで。

どうもありがとうございました。

返信する