この世の終わり 予言や都市伝説を集めてみた

今や、嫌でも目につくのがコロナ関連のニュースや記事




電車のつり革広告




考察や憶測の域を出ない話題を取り上げた動画など




終末論まで出てきたので、これまでにどういった説が上がってきたのか気になって調べてみました。

不景気になるとオカルトが流行る

「不景気になるとオカルトが流行る」という説があります。


実際にコロナウイルスについても

・政治的

・陰謀論

・こうあってほしい、こうだったらいいのにといった願望

などと色々な説を見かけます。



コロナだけの話題でも、これまでに見かけた中であげると

出典
発生源は、中国湖北省武漢市にある国立の病源体研究機関かもしれない米紙ワシントン・タイムズ2020年1月24日
気温が上昇する春や夏になっても収まる証拠は今のところない世界保健機関(WHO)と一部の専門家2020年2月中旬
人為的に作成された生物兵器・細菌兵器であると考えられている雑誌『WiLL』(20年4月号)2020年2月26日
コロナウイルスによって、コロナビールが飲まれなくなったCNNを含む米メディア各社が米PR会社が発表したリリースによるネット調査結果を報じた2020年2月末
アメリカ軍が新型コロナウイルスの流行を武漢に持ち込んだかもしれない中国外務省の報道官が自身のツイッター(@zlj517)で発信2020年3月12日
日本は感染者、死亡率、重症者が圧倒的に少ないWHO2020年3月23日
北朝鮮のコロナ感染者ゼロ北朝鮮の保健当局幹部2020年4月2日
パチスロ店は平常運転
警察・政治家の利権疑惑、癒着
出典不明
コロナウイルスは、変異して凶悪なタイプになっている出典不明
2度感染がありうる出典不明
治療薬や特効薬・ワクチンはすでに開発済みだが隠蔽されている出典不明
コロナウイルスは、地球環境を破壊する病気(人間)を治療するためのワクチンである出典不明
アニメ映画「AKIRA」で予言していたのではないか出典不明

どこからきたのか

 から

いつまで続くのかの考察はともかく


出典が載っていない記事は割りと怪しいですね。

映画や小説の内容との関連付けは完全にオカルトと言ってもよいでしょう



すでに不景気といってもいい状況ですが、

感染者数の推移を見るかぎりは今後、さらにお金の流れが悪くなっていくことが想像できます。


これから、人類滅亡論や新興宗教など増えることがあるのでしょうか

コロナウイルスが流行ることで得をする組織や人

一応、バイオ兵器の説は、致死率の低さなどから否定されています。


が、コロナウイルスが人工的に発生したと仮定した場合を考えてみました



特定の組織や人にとっての利益につながっているはずですね。

ぱっと思いつくだけでも



・マスクなどの転売

・株価が急落したことによることで儲けを得る機関や資産家

・ワクチンや特効薬を開発・独占販売できる企業

・国同士の対立を深めて利を得ることのできる組織

・ウイルスに関する情報を公開することで名声を手に入れられる学者や研究者

・バイオ兵器が使われた/使ったときのモデルケースや予行演習






たまたま、タイミングよく資産運用できて、一財産作れた人もいるでしょうが

世界的に影響が出ているため、損をした人がほとんどでしょう

不自然なぐらいに利益を上げることがあれば目をつけられますし、そういったリスクが大きいといった理由から

個人的にも、人為的なものという線は薄いと考えます。

返信する