トイレットペーパーを使わないでよくなる方法を真剣に考えてみた

こんにちは。


最近話題のトイレットペーパー


我が家のストックが残り1ロールとなりました。

普段ならなくなる前に補充しますが、買い占めや転売が横行しているらしいので、いつもの値段で買えるかが不安です。


<もし、高騰していたら・・・


と、いうことで我が家の非常事態宣言が出る前に、代わりの方法がないかを考えてみました

ウォシュレットを活用する

賃貸は新築&ウォシュレット付きの部屋をいつも選んでいます。



ただ、昔の実家にはウォシュレットがなかったので、

実家暮らしと今の生活でのトイレットペーパーの使用量を比べると

確実に使う量は減っているところに着目しました。


これがトイレットペーパーレスの糸口になるのでは?




ウォシュレットについて掘り下げて考えてみます。

ウォシュレットで洗浄・乾燥した後にトイレットペーパーを使うのはなぜか?


□ ウォシュレットのあとにトイレットペーパーを使う理由

(1) 乾燥が十分じゃない/水滴が残っている

(2) 拭かないとなんだかすわりが悪い

(3) ウォシュレットで洗浄できたかチェック



1番は乾燥の時間を長くすれば解決



2番は習慣ですね。トイレットペーパーを使わなくなればその内慣れると思います




問題が3番。


洗浄しきれたと思ってパンツを履くと酷いことになります

これは難しそう・・・



ですが、これをクリアできれば

トイレットペーパーを使わないという選択肢も生まれるのではないでしょうか(真剣

対策について考えてみる

顔認識システムの流用

思いついたのが、顔認識システム


昔、会社の研究と調査を兼ねてウェブカメラを使って、読み込んだ画像を数値化したり、顔の位置座標を取得したことがあります。


そのシステムを使って、普段のお尻の状態と洗浄後の状態を比較。
差異が大きければセンサーを反応させる。

腰を上げると、アラーム音でお知らせ



この案、いかがでしょうか TOTOさん


そもそも、水だけで洗い落とせるかどうかってところもありますね。

1 コメント

返信する